FPSをメインにプレイしている、とあるプレイヤーの日記。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARTISAN飛燕・Rev.2使ってCS:Sやってみた
2011年05月22日 (日) | 編集 |
GW明けから移転先の新しい本社ビルで仕事しているElleです。
試験勉強といい、会社ビル移転といい、なんかバタバタしてます(;^^A)

それまでは築地に勤務していたのですが、今は新宿勤務。
都庁から歩いて10分ぐらいの距離にある某ビルでお仕事してます。
今は6月3日にある業界試験の勉強の合間にブログ書いてます。
これクリアしてあと10月の試験突破すれば、資格を取ることができるので頑張ります!><b

しっかし人生何があるか分からないもんですね~。
今の会社に転職する前、実は新宿駅の近くにある某会社に営業で勤めてました。
まさか“また”新宿勤務になるとは思ってもみなかった^^;
しかも毎朝、その会社のすぐ真横を通るしw

前の会社については、はっきり言っていい思い出がありません。
人間関係、そして仕事のやり方について毎日悩みました。身体的にも精神的にもズタズタになりました。

でも同業他社でもある今の会社に縁があったのは、前の会社で経験を積んできたからかなぁ・・・ってようやく思えるようになって。


昔の自分じゃ絶対そんなふうに考えられなかったけど、今はその会社に対して「御社のお陰で今の会社にめぐり合うことができました。ありがとうございます」って感謝してます。



さて、掲題のとおり、飛燕・Rev.2のハードタイプ買って早速使ってみました。
以前、ブログに書いたとおり、飛燕発売後、すぐにハードタイプを購入して使っていたのですが、使い続けるうちに角がだんだん反り返ってきてしまいました。
最初は軽く角を折り曲げると多少直っていたのですが、今は軽く折り曲げてもクセがついたように若干上に反り返ったままの状態。

マウスパッドの隅っこでAIMするなんて、ほとんどないからあまり気にはしてなかったのですが、SACTL2010-2011で販売されているのを見ていたら、やっぱり欲しくなってしまいました^^;;
紫電も売られていたのですが、もうちょっとお店等で試してから買いたいなーと思ったので、紫電は今回見送り。

Rev.2のハードタイプも飛燕発売直後に購入したハードタイプもどちらも滑りやストッピングについては、ほぼ変化なし。
違いと言えば、隅っこが反り返らなくなったぐらい。プラスチックパッド並みに滑りますが、きちんと止まります。個人的にはこれぐらい滑ってくれた方が使いやすい。

初めて飛燕Rev.2使ってCS:Sをプレイした際、動画撮りながらやってみました。
プレイしている当の本人、プレイ技術なくて本当にダメダメ(´ω`)
しかもゲーム用PCと録画用に使っているサブPCの音の配線を間違えていた上にサブPCのTVカードの音声入力設定を間違えていたので、銃声や足音が全然入らなかった><;

無音のままっていうのもなんかつまらないなー・・・(´ω`)と思い、使い慣れてないWindowsムービーメーカーを使って試行錯誤しながら急遽BGM入れてみました。
けれど、肝心の音量調整がよく分かってません。
「たぶんこれぐらいの音量なら大丈夫かな??」という感覚でしか調整してないので、ご覧の際は音量にご注意くださいm(_ _)m
[広告] VPS

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。