FPSをメインにプレイしている、とあるプレイヤーの日記。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命日
2010年08月13日 (金) | 編集 |
昨日の8月12日でちょうど一周忌になりました。

   200704212135000_convert_20100813230805.jpg
  

我が家でともに暮らした「黒猫」の命日です。
もともと捨て猫だったので、正確な年齢は分かりませんが、20年一緒に過ごしました。
猫といえど、20年も一緒にいると、もう本当に家族ですね。
兄弟姉妹のいない私にとって、“良き話し相手”でした。

別に教えたわけじゃないんですが、学校や会社に行く時は必ず「見送り」に玄関に来ました。
帰ってくると「お迎え」で、同じように玄関へ。
いなくなった今でも、首輪の鈴の音を鳴らしながら「コトコト」と階段を音をたてて、お見送りやお迎えに降りてくるような感覚がします。

オンラインゲーム中やPCで作業している間、よく膝の上にいて一緒に画面を見てました。
たまに画面の中に鳥が飛んでいるのを見つけて画面に向かって「猫パンチ」かましてくれたけど^^;
本気じゃなくて、かる~い猫パンチだったから、笑って許しましたw

猫パンチといえば起床時ですけど、なぜか私にだけ顔に猫パンチかまして起こしてくれましたw
起こしに来たと思いきや、そのままベッドに入り込んできて、腕枕してやって一緒に寝てしまったこともあるあるww
人間より体温が高いので冬なんかベッドにいてくれると、ありがたい!!ww
その代わり、ベッドが黒い毛だらけになる・・・

人の目を盗んでおかず泥棒したり、金魚のいる水槽に前足をつっこんでかき回したり、ちょうど今ぐらいの時期はセミをつかまえて、それも生きたままのやつをくわえて家の中に持ち込んできたり、いたずらもいっぱいやってくれましたw
それも今は良き思い出です。


去年の8月。
血便に気づき、具合悪くなったと気づいた時は、もう手遅れでした。
最期は血便どころか“下血”になっていました。
なんでもっと早く具合が悪いことに気づいてやれなかったんだろうって、今でも考える時があります。

たまたま仕事が休みだった父が最期を看取りましたが、せめて最期も看取ってやりたかった。
私が会社に行った後に亡くなりました。


たくさんの思い出をありがとう。
そして、もし“生まれ変わり”が存在するのならば、次も幸せに生きて欲しいと、心から願っています。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。