FPSをメインにプレイしている、とあるプレイヤーの日記。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARTISAN kai.g3「飛燕」レビュー
2010年10月28日 (木) | 編集 |
10月25日、有休を利用してARTISANマウスパッドのメーカー・Grow Up Japanへお邪魔してきました!
今回の目的は10月22日に発売された「飛燕」と自分が愛用しているマウス「G5-T」との相性テスト。

足を運んだら、SAオフ大会で一緒にチームを組んだヘルシングさんがいて、びっくりしましたw
そういえば、ARTISANの開発やってるって言ってたよね^^;
この場をかりて、CS:Sの細かい設定、色々教えてくださってありがとうございました!m(_ _)m
CS:S、まだまだ知らないことがいーっぱいあるなぁ・・・って改めて実感しました^^;

メーカーさんでのテスト場所ですが、関東近郊にお住まいの方や関東に遊びに来られた地方の方、ARTISANマウスパッドで気になることがありましたら、ぜひ足を運んでみてください!
東西線・神楽坂駅2番出口を出てすぐ隣のビルです。
※訪問される際は事前に電話をかけてから行かれることをお勧めします。
場所はこちら→http://www.gup.co.jp/about.html

その「飛燕」ですが、ソフトタイプとハードタイプの2種類があり、色は紺と赤。
大きさはS・M・Lの3種類ですが、オーダーメイドで大きさを指定することもできるそうです。
下の写真のは2つともLサイズで、色は紺と赤。ソフトタイプとハードタイプの2種類です。
PA250032_convert_20101028214825.jpg

「Goliathus Fragged Speed Edition α」と比べると、飛燕の方が小さいです。
PA250033_convert_20101028215238.jpg

ハードタイプとソフトタイプ、両方とも表面の見た目は一緒です。
手触りはハードタイプだとザラザラしていて表面が硬い。初めてハードタイプを触った時、プラスチックパッドの表面みたいな感触でした。ソフトタイプも同じようにザラついている表面ではあるものの、ハードタイプよりは軟らかいです。
梱包されているケースから出したての時、四隅が若干上に反り返っている状態でしたが、使っているうちに平らに戻りました。今まで使っていた「Goliathus Speed Edition」より全体的に硬い造りをしているので、丸めることはできません。
価格はLサイズだと税込3,980円です。

汚れと湿気には強いです。
表面にケチャップこぼしても、中性洗剤を薄めて軽く手で擦れば落ちるそうです。さすがに私は実際に買ってきたパッドにケチャップをぶちまける勇気は起こりませんでした・・・。
ただし!布製パッドなので、金タワシでゴシゴシこするのは×だそうです!!


SMART PADでG5-Tを使用した時に体感したのは「滑るけれど、止めたい所でピタっと止められる。個人的には理想的な滑りと止まり!でもゲーム中にカーソルぶっ飛ぶ(´ω`)」でしたが、飛燕ではカーソル飛びの現象は起こりませんでした!!今回、メーカーさんの所ではSAとCS:Sを実際にプレイしてテストしたのですが、ハードタイプ、ソフトタイプ、両方ともG5-Tとの相性は特に問題なし。
正直、どちらも甲乙つけがたいパッドでした。

・・・で上記写真のとおり、ソフト(赤)とハード(紺)両方買ってしまいましたとさw


メーカーさんの所ではG5-Tしかテストしなかったので、自宅でIE3.0とDHARMAのDRM26TKでCS:Sをプレイしてテストしました。
特に問題は起こりませんでした。よく滑るけれど止めたい所できちんと止まってくれます。
(SAは運営移管作業が途中、“終了時刻:未定”になりテストできなかった。頼むよ、ネクソン!!(`д´))
かなり素早くマウスをブン回しても、しっかりマウスの動きを捉えてくれます。

ちなみに自宅のCS:Sプレイ環境は↓
自宅マウス設定:WinXP・ポインタの速度:ミドル(5)・ポインタ精度なし
CS:Sマウスセンシ:1.3(画面サイズは1024×768)

飛燕を販売しているサイトにもありますが、ハードタイプの方がソフトタイプよりも滑ります。プラスチックパッドみたいによく滑ります。でも滑るって言っても、Steel SeriesのS&Sみたいに、あそこまでツルツル滑ることはないです。
私自身、もともと滑るマウスパッドを使っていたので、ハードタイプが個人的には使いやすかったです。

でも、飛燕のハードタイプとソフトタイプ、両方とも素晴らしいマウスパッドですよ!!
FPSプレイされる方は、ぜひ使ってみることをオススメします!!(≧▽≦)b
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。