FPSをメインにプレイしている、とあるプレイヤーの日記。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学体験談
2011年02月20日 (日) | 編集 |
隣の部署にいる人からお土産をいただきました^^
201102152035000.jpg

「このクッキー、見覚えあるある~!!」って思ったら案の定、ニュージーランドのクッキーでした。
ニュージーランドってキーウィフルーツの原産国なので、こういうキーウィフルーツ味のクッキーやお菓子がたくさん売られてます。
あと「ホーキーポーキー(Hokey Pokey)」ていうアイスクリームがあってめちゃくちゃハマってた!
このアイス、中に入ってるキャラメルがカリカリしてておいしいんです!!(≧▽≦)

いやぁ・・・懐かしい・・・。
というのも、私、大学の時、ニュージーランドに留学してました。
今日はちょっとFPSやゲームのことから離れて留学した時のことについて書いてみようと思います。
数学が大嫌い。でも英語と生物は好きという、変わった文系人間な自分でした。
(同じ理系でもなぜか生物だけは、かなりできたw)

そんな時、英語教育に特化した学科があることを知り、そこに進学を決意。
数学嫌いな自分にとって2年次から数学が選択性というのも魅力だった。
その学科、2クラスで合計80人しか生徒を取らないので、中学の時はまじめに塾通って、無事に合格。
(地元の人ならどこの高校か、この時点で分かるかなぁ?)

英語教育に力入れてる所なので、もちろん留学制度がありました。
2年の時は、選抜試験受けて、合格した人のみオーストラリアに2週間だけ集団留学するなんていうのもありました。

でも当時の私、「選抜試験?? なんで放課後に試験やんの? 合格したらしたで放課後は説明会だぁ??!? 帰国後はレポート書かなきゃだし、お金はかかるし・・・めんどくせえええ!!!(`д´)」
・・・って試験受けなかったw


でもねぇ、帰国してきた人たち見たら、やっぱり行けばよかったなー!!って後悔しました。

高校卒業後の進路で、海外の大学に進学させてほしいって親に相談したこともあります。
「そんな金ない!!」って断られました。
でも、今考えたら「金ない」っていうのはタテマエで、本音は一人っ子の娘を一人で海外に行かせたくなかったんでしょうね。

もうね、それぐらい本人は後悔してました。



そして大学の時。
本当は1年間留学したかったんですが、高校英語教員免許資格と司書資格、司書教諭資格取得のための授業も受けてたし、おまけに世間は就職氷河期の真っ只中。
卒業遅らせて1年間留学っていう手もありましたが、1年間余分に学費を親に支払わせてしまうので、どうしたものか・・・となっていた時、学内の掲示板に「ニュージーランド・中期留学(3ヶ月間)の募集」という掲示を見つけました!!

ただし、高校の時と同様に人数制限があるから、英検2級以上+選抜試験受けないと行けない。
当然、留学するための滞在費と学費もかかる。
ダメもとで選抜試験を受けて、親に「合格したら留学させてほしい」って頼みました。

結果、無事に合格したけれど。
合格発表の直後、右耳が「突発性難聴」になってしまい、右耳の聴力がかなり落ちました。
ひどい耳鳴りと耳に水がつまって音が聞こえなくなったのと似た感覚。
右耳に電話の受話器あてたら、相手が何しゃべってるのか分からない。
それぐらい聞こえなくなりました。

聴力検査を受けた後、そのまま緊急入院しました。
主治医の先生に留学のことを話して、指示に従って絶対安静にしました。

当時、バイトもしてたし、司書資格取得のための課題レポートや教員免許取得のための課題等々でほとんど寝てなかった。
自分ではあまり自覚してなかったのですが、相当疲労がたまっていたんだと思います。

「せっかく合格したのに行けなくなるのかなぁ・・・」と落ち込みましたが、何とか留学2週間程前に、お陰さまで、聴力が正常範囲内に回復。
退院後に急いでパスポート等、出国の準備を整えて、何とかぎりぎり間に合いました!
(聴力は正常範囲に戻りましたが、今でも疲れがたまってくると、耳鳴りに襲われます;;)



7月中旬に出発、10月中旬に帰国ってスケジュールで日本を発ちました。
入院する前に学生寮と一般家庭のどちらに滞在するか、担当者に聞かれていたので、迷わず「ホームステイで」と依頼しました。
学生寮だと、日本人同士で固まってしまいがちになり、日本語で話すばかりで、あまり勉強にならないんじゃないかなぁ・・・という意識がありました。

現地は南半球なので、冬。寒かったので、現地でコート買いました。
でもこのコート、縫製がヘタですぐボタンが取れてしまい、自分でボタン付けしました(;-_-
しかも向こうの人って日本人よりも体格がデカいから、自分のサイズに合うものを見つけるのが大変><;
後で、親に電話して洋服と下着をEMS便で送ってもらいました。

首都・ウェリントンの「マッケンジー」さん宅に滞在。
ご夫婦と6歳の女の子一人とあと偶然にも、うちと同じようにオスの“黒猫”を飼っている家でしたw

マッケンジー夫妻はとっても優しくて、こっちが会話を理解できない時はゆっくりめに話してくれたり、週末は家族とそろって図書館に連れてってもらったり、本当にお世話になりました!

でも最初の1ヶ月間は、その女の子の話す英語、全然分からなかった^^;
小さい子の話す英語って、こちらが理解できようができまいが、話す速度は速いし、発音も「?」な所が結構あるので、慣れるまで時間がかかりました。
この子が話す英語に慣れてきたのが、だいたい2ヶ月目に入ったあたりでしたね。

会話がお互い通じるようになると楽しいので、よく勉強の合間にその子が私の部屋に遊びに来て、一緒に過ごしてました。
(「勉強の邪魔してくるようだったら、遠慮なく“勉強中だから!”って部屋を出るように言ってもらって構わないよ」ってホストマザーに言われたけど、それはかわいそうでできなかったw)

滞在して3ヶ月近くなると、一般の日常会話がだいたい理解できるようになってきました。
何かの留学本で読んだのですが、英語の基礎ができていれば、個人差はあるけれど、だいたい平均3ヶ月位で現地の言葉に慣れてくるそうです。

ある時、街の観光所みたいな所に入って、ニュージーランドのことについて調べていたら、知らないおばちゃんに「どこから来たの?」って話かけられて、「日本です」って答えたら、「私、長野オリンピックの時、日本に行ってたのよ~!」と話しかけられて、立ち話しで盛り上がったこともありましたww

学生寮の方は当時、韓国から集団留学していた学生がたくさんいたのと、あとニュージーランドって治安もいいし、物価もアメリカやヨーロッパと比べると安いので、中国人の留学生がたくさんいました。
彼らは本当によく勉強してました。
分からないことや学校内で利用していい施設等について親切に教えてもらい、本当に助かりました。

ある時、学生寮で留学生同士のパーティーを開くというので、それに招待されました。
でも参加する人はみんな「現地の料理を何でもいいから作ること!」というのが条件w
料理作る前に地元のスーパーや中国人が経営しているスーパーに行って食材を調達しました。

韓国留学生は「プルコギ」、私は「お好み焼き」(お好み焼きソースが現地で売られてた)、中国留学生はスペアリブを中華風に味付けした料理をお互い作りました。
あとキムチが現地で売られてたのを見つけた子がいて、わざわざ買ってきてくれました^^

こういう経験、やっぱり留学しないとできないですね。
本当に貴重な経験をさせてもらいました。
なので、留学を許可してくれた私の両親には本当に感謝感謝!

でも欲を言えば、1年間は向こうに滞在していたかったなぁ~!!><
3ヶ月間なんてあっという間でした。

留学を考えている人にアドバイスですが、現地英語にたくさん触れること。そして自分から色々話しかけることが重要です。
話す時、文法が違ってたらどうしよ~!ってなるかもしれませんが、そんなの気にすることないです!w
文法違ってても相手には通じますよ^^b
話すことで自分の発音も徐々に矯正されていきますので、遠慮しちゃだめですw
(特にthの発音とかrの発音とかは話まくって身につけましょう!)

あとうまく聞き取れなかったら、"Sorry?(何て言ったの?)"や"Pardon?(もう一度言って)"ってはっきり言いましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すごくアクティブな人生送ってますね(´・ω・`)
俺の人生なんてホコリかぶってるみたいな・・・
ふ(´・ω・`)
2011/02/27(日) 16:16:16 | URL | たつ #YeFwB4VE[ 編集]
Re: タイトルなし
>たつさん

いやいや、全然アクティブじゃないですよ^^;
仕事忙しかったり、人間関係で色々あったりで数年間、ホストファミリーと全然連絡をとってませんでした。
地震があったって知って、びっくりして連絡をとってみました。
電話が留守電だったので、メールを送信。幸い、メールアドレスが変わってなかったので、送信できて、お返事が来ました。

全員無事でよかったです!!><b
2011/03/05(土) 23:14:45 | URL | Elle #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。