FPSをメインにプレイしている、とあるプレイヤーの日記。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日
2011年03月16日 (水) | 編集 |
3月11日、会社で仕事していた最中。
最初、ユラユラっと軽く揺れて「あ、地震だ」って思った次の瞬間、ドーン!!と下から突き上げるような大きな揺れ。
会社が入っているビル(11階)がミシミシきしむ音をたてて、スライド式のキャビネットが左右にガーガー激しく動き、これはヤバイ!!と思いました。


揺れが収まった所で余震に備えて、そのキャビネットの近くにいた人が、キャビネットがスライドしないようロックをしたその後、またすぐに大きな揺れが発生し、全員机の下に避難。
当然、さっきと同じようにビルがミシミシきしむ音をたてて大きく揺れたので、「ビルが倒壊したら命の保証はないかも。1階が中華料理屋とかパスタ屋とか食べ物関係の店が集中してるから、大規模火災が1階で起こったら逃げられないな」と考えてる自分がいました。

その後も何回か余震に襲われたけど、無事に業務終了。
会社を出る前に電車の運行状況を見たら、ほとんど電車が運行停止。秋葉原まで出れば、地下鉄の他にJRがあるので、何とかそこまで歩いてみようと決意。
移動開始する前に1階のコンビニで飲み物と最低限の食料・・・と思いきや、既にみんな“買占め”状態でお茶と残ってたあんまん1個、カロリーメイトしか手に入らなかった。
パンや弁当の類なんてゼロ。どこのコンビニにもなかった。


会社のある築地から秋葉原まで、歩いたことがないので道がよく分からない。
そういえば、母と祖母の病院に行った時、有明まで高速道路を使ったから、高速道路に沿って北上すれば秋葉原に出られるかも!?・・・と適当にアタリをつけて、途中、お巡りさんに道を尋ねながら、3時間半かけて歩いて何とか秋葉原駅に到着!!

でも考えが甘かった。
到着したはいいけれど、電車は運行停止のまま。仕方なくそのまま駅構内で復旧を待ったけれど、その日は復旧の目処がたたず、そこから先に進めなくなった。
歩こうと思えば上野まで歩けたかもしれないけれど、外は寒いし、寒い中これ以上歩くと体力消耗するし、なるべく体力を温存した状態で明日に備えたかったので、その日は移動中止。

幸い、「秋葉原UDX」が帰宅困難者用にビルを解放してくれたので、そこに移動しました。
駅構内は本当に寒かったからありがたかった。
毛布や食料はないので、みんな新聞紙等をコンクリートの床に敷いて、その上で雑魚寝。もちろん自分も。
とにかく寝なきゃ!って寝ようとしても時々来る余震でビルが揺れてきしむ音、近くにいたオジサン2名のイビキ合奏による騒音、緊急地震速報で携帯がけたたましく鳴り響く音でほとんど一睡もできなかった。

翌朝、どうにか電車が途中まで動くようになったので、途中まで電車で移動し、そこから先は父親が車で迎えに来てくれて、ようやく自宅に帰宅!!

帰ってきたら帰ってきたで家の中はめちゃくちゃだった。
PC机が部屋の入り口を塞いで、PCモニターが2台とも床に落下。スピーカーも床に落下。
PC本体はすべて横倒し状態。ヘッドセットは金具部分損傷。
PCモニター2台のうち1台は電源は入るけど、本体そのものが故障したか、DVIケーブルが断裂したみたいで、映像が映らない。
サブPCのスピーカーはコードが断裂したようで、右側のスピーカーのみ音が出なくなった。
ゲーム用メインPCも起動した見たら、HDDが傷ついたのか、普段と比べると起動に時間がかかってるような感じ? モニターが復活するまで何とも言えないけれど。

部屋が片付くまで自分の部屋に入れなくなった。
特に部屋の隅にあったピアノが部屋の真ん中まで動いていたのを見た時は本当にビックリ。
大人3人がかりでも元の位置に戻すのが大変だった。
P3120040_convert_20110316013503.jpg


2階のリビングも本箱が2つ倒れて下にあったコタツの天板を乗せる骨組みがへし折れた。
(画像は本箱1個しか見えないけど、その奥にもう1個倒れてます)
ベランダにある父親が育てていた金魚は、水槽がすべて割れて全滅。
P3120042_convert_20110316013823.jpg


屋根瓦は落ちなかったけど、家の壁のあちこちに亀裂が入り、次に大きい地震が来たら、冗談じゃなく本当に倒壊するかもしれないという恐怖。
このブログ書いてる今も地震が発生。


東北地方はもっと大変だと思う。あの津波が町を飲み込んでいく映像を見ていると、痛ましくてたまらない。
家族、友人、親戚・・・。失われたものはあまりにも大きすぎる。

1日でも早い復興、そして犠牲になった多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こわああああ(´Д⊂ヽ
大変だったようですね・・・
ともあれ、無事で何よりですよ、ほんと・・・
2011/03/16(水) 16:06:25 | URL | たつ #YeFwB4VE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。