FPSをメインにプレイしている、とあるプレイヤーの日記。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11から一年
2012年03月11日 (日) | 編集 |
こんばんは、Elleです。
3.11からちょうど一年経過しましたね。去年の今を振り返ると、今ブログを書いている、ちょうどこの時間帯、暗くて寒い中をひたすら歩いていました。

電車が動かなくなって、外は大渋滞。徒歩しか交通手段なし。どこのコンビにもパンやお弁当の類は売り切れで2Lペットボトルの水もなし。

しかも去年の今日、母と祖母が二人、定期検査で父の運転する車に乗って出かけていて、家にいなかったんです。携帯しか連絡手段がないけれども、肝心の携帯が繋がらない・メールも送れない状態で、3人の安否が気がかりでした。
会社に残って電車が復旧するまで待つ方法もあったんですが、とにかく3人が心配で。
無事だったら必ず家に戻ってくる。そう思い、余震やビル倒壊の危険性がゼロではない街に危険を承知で会社を後にした記憶があります。

けれど、その日は家に帰れず。
秋葉原のビルで余震が続く中、一晩過ごして、次の朝にようやく携帯が繋がって、家族と連絡がつき、無事に家に戻ってこれました。
津波に飲まれていく町の映像を見ていると、“普通”に過ごせることがどれだけ幸せかと、改めて考えさせられます。


家族も自分も無事だったけど。
あの日、家も家族も失った人が大勢います。未だに行方が分からない人もいます。

──“絆”が失われつつある。



そんな言葉が最近、あちこちで目に付きます。
確かに避難したり、家族が離れ離れに暮らしていると絆が薄れている感覚は人間、誰しもあると思います。

でも離れていても、心のどこかではやっぱり繋がっているんじゃないかな・・・って思います。
自分にとって大切な人は、忘れようとしてもそう簡単に忘れられるものじゃないですよね。

うまく言えないけど、それと同じで、失われつつあるように見えて、本当はしっかり深く繋がっているのが「絆」なのかな・・・って自分は捉えています。


一日でも早い復旧、そして多くの方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。